災害時のトイレ事情

「忘れてた」では済まされない災害時のトイレ事情

災害時は断水や下水の破損でトイレが使用できなくなります。
また、過去の大災害では避難所のトイレをたくさんの人が使用し、結果詰まってしまった事例が多数報告されています。避難所指定とされている施設等では上記の理由により、緊急時には「既存のトイレを使用させない」と決めている場所も少なくありません。

トイレの使用回数は、ひとりあたり1日平均5~6回

各家庭でも、大規模な地震の際はトイレが使えなくなることが多くなります。断水していないからといって通常通りの使用をしていると下水管が破損していた為詰まってしまう、最悪敷地内で「溢れ出す」といった事例もあります。集合住宅等では他の階層で「溢れ出す」といったこともありえます。
配管の無事が確認できるまでは非常用トイレを使用して様子をみるべきだと考えます。

地震だけじゃない!断水や給水制限等でトイレは流せなくなることもあります。

2016年1月には大寒波の影響とみられる水道管破裂により、西日本で約32万世帯が断水しました。災害に限らず断水や給水制限で排水用の水が確保できない他、下水管が破損すれば排水が行えなくなります。

  • 床上浸水
  • 大寒波
  • 水漏れ
  • 土砂崩れ
  • 地盤沈下
  • 火山の噴火
  • 大型台風
  • 竜巻

4人家族が1日にトイレで使用する水の量は?

  • 1回のトイレで使用する水の量は5-6リットルだといわれています。1人あたり1日に5-6回トイレに行くと考えると、1日のトイレで約30リットルの水を使うことになります。4人家族っだとしたら、最低でも120リットルもの水が必要になる計算です。いくらお風呂に水を貯めていても、2日足らずで底を尽きるでしょう。もし、地震で断水になったとしてもトイレが壊れていなければ何とかなると考えるのは間違いです。

災害後のトイレ事情は?

  • 公共施設の水洗トイレは先にも言った通り、上下水道の整備が終了するまでそのほとんどが使用禁止になります。被災地周辺では仮設トイレの設置も時間が必要となり、過去の震災時は1週間以上もの長期間トイレ無しでの生活を余儀なくされることもありました。緊急時の支援物資にしても食料等が優先される為、トイレはいつも後回しになっていることが実情です。トイレの不便は我慢することによる体調不良の原因にもつながります。本当にトイレに困りたくないのであれば、各自の準備が必要と言えるでしょう。

非常用トイレに関連する商品

トップページに戻る